アドセンス記事の書き方のコツ

目安時間:約 4分

アドセンスに限らず、オリジナル文章が入った記事は、検索で訪れたユーザーに喜ばれ、グーグルの検索エンジンからも高い評価を受けることができます。

 

どこかの文章をコピペして無味乾燥な記事はユーザーが訪問してもすぐページを閉じられ、サイトの滞在時間も短くなりグーグルのサイトへの評価も必然的に低くなり上位表示できません。

 

では、どんな文章を書けばアドセンスで効率よく稼げるかですが、まず一定程度文字数は必要になってきます。

 

最低でも1記事につき600文字以上は必要です。この数字は、グーグルの検索エンジンに評価してもらうための最低文字数であり、最近は記事を上位表示するためには最低でも1000文字以上必要と言われています。

 

この数字はあくまで参考であり、検索エンジンの上位表示基準は相対評価なので基本サイト同士の競争で決まります。

 

なので、競合サイトのコンテンツが貧弱でサイト評価が低ければ、こちらのサイトは文字数もコンテンツの質も高いものを書かなくても上位表示してしまう理屈です。

 

ただ一般的に最低1000文字以上で必ずオリジナル文章を記事にすることでアドセンスで稼ぐ下地ができます。

 

次にどんなジャンルやキーワードで記事を書けばいいかですが、基本的に自分の知識で書けて興味にある話題で書くのがベストです。

 

興味のない話題で自分で書くのが困難な記事というのは、訪問者が見ても面白くありませんし、記事を書く方も苦痛で記事の更新ができなくなってしまいます。

 

なので、今まで自分が情熱を持って取り組んできたことや仕事で身につけた技術や知識を記事にすればユーザーの共感が得られサイトの滞在時間も長くなって上位表示しやすくなってきます。

 

ただ、自分の興味がある記事が検索需要がなければ、目的であるアドセンスで収入を得ることが難しくなります。そのためには、まず単体のキーワードをヤフー検索して虫眼鏡キーワードが出てくるかで需要があるか調べることができます。

 

他にもグーグルのアドワーズツールで検索の需要を調べることができますが、私の場合はヤフーの虫眼鏡キーワードで調べるようにしています。

 

あとは、虫眼鏡キーワードで出てきたキーワードの競合調査をして上位表示できそうだと思ったら記事を書き始めます。

 

記事の書き方は基本的に自分が感じていることを自由に書いていけばいいと思います。質のいい記事を書くために、他のネット情報を参考にしたりすることもありますが、あくまでわたしの考え方ですが、下手な文章でもいいので自分のオリジナル文章を書いていけばいいと思います。

 

ユーザーは、他人の見解や感想をとても知りたがりますので喜ばれます。自信を持って記事を書いていきましょう。

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

ieyasu

                         家康

             ⇒詳しいプロフィール

FacebookもTwitterもインスタもSMACで自動化!

1000人突破記念!30日間無料で使いたい放題!:ソーシャルメディアマスター集客クラブ【SMAC】

最強トレンドアフィリエイト教材!家康もこれで稼ぎました!特に初心者にオススメ!

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
タイムライン
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。